予防する

3DS除菌治療

▶むし歯菌、歯周病菌を除菌する治療

▶お口の細菌が全身を駆け巡らないように。

▶マウスピースを使い徹底的に除菌します。

 

 むし歯も歯周病もむし歯菌、歯周病菌が原因でおこる病気です。予防するには細菌を減らすことが大切です。またお口の中の細菌が全身を駆け巡り、糖尿病や動脈硬化などをひき起こすこともわかってきました。細菌を少なくして全身への拡散を防止することでそれらの病気の予防や重症化を防ぐ効果も期待できます。

歯周病菌が血流にのり全身の病気をひきおこす

お口の細菌が血流にのり全身に拡散することで糖尿病や動脈硬化など様々な病気に影響を与えています。

除菌治療で刺繍病菌の全身の拡散防止

除菌治療とは、できるだけお口の細菌が全身に拡散しないようにする治療です。

1. むし歯菌

 むし歯の原因となる細菌はミュータンス菌です。 このミュータンス菌をお口の中から除菌することができれば、むし歯になる危険性を減少させることが可能であることがわかりました。しかしこのミュータンス菌はバイオフィルムというネバネバとした膜を歯の表面に作って、飲み薬や塗り薬が 直接効かないような環境を作っております。そこでPMTCによりバイオフィルムを破壊してから、直接歯の表面に唾液などで希釈されないように マウスピースを用いてより効果的に除菌していく治療です。

 

2. 歯周病菌

 PCR検査で細菌の特定と感染の状況を調べます。 そして除菌が必要な状態なのか診断します。 細菌の状態により、細菌を除去する内服薬、および、歯磨き剤を使用していただきます。 約10日後、再度顕微鏡にて細菌の状態を確認いたします。除菌できているようであればメインテナンスに入り、再感染を防ぐために定期的に管理します。



唾液&リスク検査

▶むし歯や歯周病になりやすい人、なりにくい人が

 います。あなたはどちら?

▶リスクを調べ、リスクを軽減することが予防に

 つながります。

▶唾液、口臭、細菌など検査して対策をとります

唾液検査 リスク検査

質問です1日1回しか歯をみがかないAさんとBさんがいました。AさんもBさんもむし歯の数は同じでしょうか?」

 

むし歯や歯周病になりやすい人、なりにくい人がいるのをご存知でしたか? 1日1回しか歯をみがかないのにむし歯がない人や、一生懸命に歯ブラシしていてもなぜかむし歯になってしまう人がいます。それはなぜでしょう?

 

あなたのお口の中にはむし歯菌や歯周病菌がいます。

むし歯菌や歯周病菌が少ない方は、むし歯や歯周病になりにくいと言われてます。 唾液の力や量がむし歯や歯周病になりやすいかなりにくいかに大きくかかわっているのです。 あなたは、むし歯や歯周病になるリスクが高いのか低いのか、知りたくないですか?リスクの高い方が1日1回の歯ブラシで済ませていれば、当然、むし歯や歯周病になるリスクは高くなることでしょう。 予防をする上で大切なことは 病気になるリスクを知り、そのリスクに対して対策をとることです。

 

質問です 「歯ブラシさえしていればむし歯も歯周病も予防できるでしょうか?」

 

お口の中を予防するためには、ご自分の歯ブラシだけではできません。それは、むし歯や歯周病は歯ブラシ以外にも様々な要因が病気の発症に深くかかわっているからです。もちろん一番のリスクは細菌ですが、その他、歯や唾液の抵抗力、お口の中の環境、体の免疫力、ライフスタイル、全身疾患などの要因が考えられます。歯ブラシは、たくさんあるリスク要因の中の1つのリスクである細菌の量を減らしているにすぎないのです。 歯ブラシを一生懸命がんばっていても、お口の中に食べ物がはさまるところがあったり (お口の中の環境)病気で体調が悪かったり(体の免疫力、抵抗力)間食のまちがったとり方(ライフスタイル)などで、むし歯や歯周病になるリスクが高くなってしまいます。

 

ご安心ください!

 

それぞれのリスクを減らすための方法、対策、グッズがございます。 日々の生活で何に気をつけ、どのようなグッズを使い、これから生涯にわたりむし歯や歯周病をコントロールしていくのか、その答えが一目でわかるあなただけのオリジナルプログラムをご用意しております。 予防したいと本気でお望みの方は、ぜひリスクを知り、しっかりと計画的な対策をとれるようなプログラムを作成されることをお勧めいたします。



歯質強化治療

▶むし歯に負けないよう歯を強くする治療です

▶歯に栄養を与えます。

▶再石灰化を助けます。

▶初期むし歯を修復します。

むし歯菌に負けないように レーザー+フッ素+歯の成分を浸透させ エナメル質を強固な状態に作り変えます。

 

(歯の表面にバリヤーを張るイメージ)

 

歯の成分ハイドロキシアパタイト

■ 歯の成分

 

歯はリン酸とカルシウムが結合したリン酸カルシウムの一種

であるハイドロキシアパタイトという成分がエナメル質の

約97%を占めています

 

歯質強化

■ 歯に栄養を与える

 

歯の主成分であるハイドロキシアパタイトを歯の表面から

与えることで、日ごろ溶け出していた栄養分を補給します。

 

■歯をむし歯に負けないよう強固にする

 

歯の表面にフッ素を塗りその上から最新レーザーを照射

します。そうすることで フッ素の浸透する効果が高めら

れてハイドロキシアパタイトの成分が一部置き換わりより

                                     強固なエナメル質に変化させます。

 



予防型歯科ドッグ

▶現在を知るだけでなく、過去と未来を知る

▶むし歯、歯周病の原因がわかります

▶予防グッズのご提案をいたします。

 

どこが悪いのかを調べる従来の歯科ドッグではなく、どうして悪くなったのかを調べ、今後悪くならないよう予防に役立てるための歯科ドックです。従来の歯科ドック+唾液検査+口臭検査などを行います。



口腔ガン検査

蛍光観察装置&専門医による診断を活用した

   口腔がん検診システム

特殊な光を当てるだけで痛みなどありません

 

当院ではメインテナンス、検査の際にはむし歯や歯周病のチェックだけではなく口腔粘膜のチェックをしてます。しかし視診(見る検査)や触診(触って硬さをみる検査)だけでは判別が困難な症例もあります。そこで お口の中に青い光を当て異常な部分を調べる機器を使ってそのデーターを専門医に判断してもらうシステムを活用してより精度を高めた口腔がんの検査を行っております。