歯科医師紹介

田中 大介 たなか だいすけ

理事長(開設者、副院長)

田中 大介

196384日生まれ

福井県出身  しし座 O

19893月 東北大学歯学部卒(19回生)

19928月 本町たなか歯科医院 開設

20046月 予防中心の診療を行うため現在地に移転

20167月 医療法人 本町たなか歯科医院 開設

 

日本ホリスティック医学協会 生活習慣病予防士

国際歯周内科学研究会 所属

日本抗加齢医学会 所属

日本糖尿病協会 登録歯科医師

日本病巣疾患研究会 所属


院長(管理者)

村山 大介

1981年8月29日生まれ

神奈川県出身

2006年3月 東北大学歯学部卒(36回生)

 


非常勤歯科医師

根本 英二

1964年生まれ

東京都出身

1989年3月 東北大学歯学部卒業(19回生)

現在 東北大学歯周病学講座 歯周病専門医

歯周病専門医として中等度から重度の歯周病を主に担当

 

 


非常勤歯科医師

坪井 祐紀

1994年生まれ

岩手県出身

2019年3月 東北大学歯学部卒業(49回生)

現在 東北大学顎顔面 口腔外科講座 

 

 


あなたにお伝えしたいこと

 私は本町たなか歯科医院を通じて予防の大切さとすばらしさを伝えたい

 私は本町たなか歯科医院をお口の健康と全身の健康の両方向からアプローチし健康を守り育てるという今までになかった施設にしたい

 私は本町たなか歯科医院で正直に患者様と向き合いご要望に全力でお応えしたい

 私は本町たなか歯科医院に通ってくださる共有した患者様といっしょに働いている共有したスタッフを心より大切にし幸福にしたい

 

私が歯科医師となり開業した1990年代は悪くなったところを削ってつめて 治すという従来型の歯科治療の全盛の頃でした。でもいくら削ってつめてもいっこうにむし歯は無くなりませんでした。「歯を抜きます」「麻酔をして神経をとります」「歯を削りますから痛いかも」なんて言われて喜んでくれる患者様なんて当たり前ですが1人もいません。だから当時の歯医者さんって嫌なマイナスのムードで満ちあふれておりました。そんな歯科医療を学べば学ぶほどそして実践すればするほどどんどんと仕事が嫌になっていったのを覚えております。

 

歯科医師人生に嫌気がさしていた頃、北欧諸国で行われていた予防の世界と出会う機会がありました。「 病気になってからみんなが嫌な治療をおこなうのではなく悪くならないように日ごろから予防をすること 」それは医療の王道であり、皆さまが本当に望んでいることだとは昔からわかっておりました。しかし日本では制度上 実践することがなかなか難しかったのです。でも私は決心しました。今でも鮮明に覚えております、1度きりの人生、たとえ困難であろうが、やりたくない事はやらない。自分が正しいと 思ったこと、自分が好きなことを自分に正直にやろう!」と決めた日の事を。

 

それから私自身も、本町たなか歯科医院も大きく変わりました。現在、医療法人本町たなか歯科医院は笑顔で満ちあふれております。予防を実践されて健康で痛みもない方々がたくさんいらっしゃって、素敵な笑顔を私たちに与えてくれます。お口の健康だけではなく、全身の健康も管理していただける方々の意識の高さにはいつも敬服いたしております。またスタッフも笑顔で、一生懸命予防治療に携わってくれています。 そして何より私自身仕事が楽しいです。1人でも多くの方に、痛くて嫌な歯科治療から脱却し、予防して健康でいられる喜びを一人でも多くの方に伝えたいと日々がんばっております。ぜひ皆さまもお口と全身の予防の素晴らしさを本町たなか歯科医院で体験してください。                           田中 大介