入れ歯の種類

この治療は自費診療です。以下の情報を参考にご検討ください。詳しくは歯科医医師からご説明させていただきます

1.バネが見えないきれいな入れ歯         ノンクラスプデンチャー




特徴

弾力のある樹脂を使った入れ歯なので 保険の入れ歯のように金属のバネが必要ありません。入れているのが、他人にわかりずらい入れ歯です

メリット

自然な美しさ

  大きくお口を開けても入れ歯とわからないほど、自然で美しい口元に

快適なつけ心地

  入れ歯がうすくて軽い仕上がりなので口の中はすっきり感じられます

歯にやさしい

  歯にバネで固定する方法と違い、残っている歯に負担をかけません

体にもやさしい

  金属を使用していないのでアレルギーの心配もありません

デメリット

修理がすぐにできないか困難な場合がある


2.うすくて快適な金属床

入れ歯が大きくなればなるほど、また厚みが増せば増すほど、違和感が増していきます。

割れないように厚みがどうしても必要なプラスチックの代わりに、うすく加工できる金属を使うことで、うすくして快適さを追求した入れ歯です。

 

 

・うすくて快適

・違和感が少なく口の中が広く感じる

・発音がしやすい

・温度が伝わる熱さ、冷たさも味わいの1つです。料理の温度を伝えることでより 美味しく食事ができます

・残った歯に負担をかけない

・バネの設計が自由にできるため負担を少なくできます

・丈夫で割れる心配がない

 

・修理がすぐにできないことがある

・金属の種類によっては金属アレルギーの心配がある

 

部分入れ歯 200,000~250,000円  総義歯 250,000~300,000円

 


3.根っこしか残せない歯を積極的に活用してより外れにくく    マグネットデンチャー

少ししか歯が残っていない方で入れ歯がゆるくてお困りの方あきらめないでください。

バネをかけられないような短い歯を積極的に利用し入れ歯を磁石の力ではずれないようにいたします。

またバネが見えないので美しく仕上がります。

 

バネがかけられない歯を活用できる

・バネをかけたのと同等度の維持力がある

・すぐに外れるような入れ歯の補強となりえる

 

お口の状態では適応でない場合がある

・MRI検査で障害になることがある

・入れ歯の下に入れる部分が汚れやすい

 

マグネット1歯 50,000円 + 自費の入れ歯代(保険の入れ歯には適応できません)