入れ歯 ブリッジに比べ,インプラントの優れている点

1.歯を削らない

ブリッジの場合、歯の無くなった部分のとなりの歯を削らないといけません。ましてや両隣が天然の歯の場合、削るデメリットも相当考えなければなりません。インプラントは一切他の歯を削る必要はありません。 無くなったところにまた歯が生えてくるようなイメージです


2.力を分散できる

 ブリッジでも入れ歯の場合でも他の歯に咬む力を補ってもらうことになりとても負担をかけることになります。しかしインプラントの場合は他の歯にかみ合わせの力を負担させることもなく、逆に力を分散させることとなり他の歯にとってもやさしい治療となります 。 


3.奥歯がなくなっても対応できる

奥歯が抜けてブリッジができない場合は従来なら入れ歯を入れるしか方法がありませんでした。インプラントですと取り外しのわずらわしさや違和感も少なくしっかりと咬めるようになることでしょう。


インプラントを長持ちさせるために

インプラントは入れてからが大切、インプラント治療は診断とメインテナンスがとても大切です。 当院ではより長くあなたのお口の中で機能していただけるようにインプラント用のオリジナルメインテナンスプログラムを作成しております。

 



デメリットについて

  • 埋入する手術を受ける必要がある
  • 骨の状態によってはできない場合や追加の手術が必要な場合がある
  • 咬み合わせの状態では 咬み合わせのの治療を先行して行う必要がある
  • 歯を入れるのに3か月ほど時間を要する

費用について

  • インプラントを埋め込む手術料金   1本 180.000円

 

  • インプラント上部のかぶせ物の料金  白い歯、ゴールド 180,000円/1本