3DS 除菌治療

むし歯菌、歯周病菌を減らす

 

お口の中のむし歯菌、歯周病菌を薬剤を使い、少なくして全身への拡散を防止する治療です。 薬剤の効果を最大限に発揮するために、マウスピースを使用します。

お口の細菌が血流にのり全身に拡散することで糖尿病や動脈硬化など様々な病気に影響を与えています。

除菌治療とは、できるだけお口の細菌が全身に拡散しないように


 

除菌治療はむし歯の予防に効果的です

 

 むし歯菌が多かった方、唾液の力が弱かった方、過去に治療した歯が多い方は、新たにむし歯ができたり、むし歯の再発するリスクが一般的に高くなる傾向にあります。少し油断しただけで むし歯になるリスクが 高まりますそこでむし歯の原因であるむし歯菌を除菌し、きれいになった歯の表面を強固に作りかえるプログラムがむし歯予防に効果を発揮いたします。

除菌前の細菌がたくさん付着している歯面。油断するといつでもむし歯になる危険性があります。

マウスピースの中に薬剤を入れ除菌します。自宅で5分間のケアをします。

約2ヶ月後の状態むし歯菌、歯周病菌が減少し通常細菌だけになった理想的な状態


除菌治療後 歯の抵抗力を高める、再石灰化促進治療でむし歯に負けない歯を手に入れる

 

【歯に栄養を与える】

 

歯の主成分であるハイドロキシアパタイトを歯の表面から与えることで、日ごろ溶け出していた栄養分を補給いたします。

 

【歯を強固にする】

 

歯の表面にフッ素を使用するとハイドロキシアパタイトの成分が一部置き換わりより強固なエナメル質に変化します。よろい(鎧)を着た状態で むし歯と戦うイメージです

 

除菌治療は歯周病治療に効果的です  

 

【従来の歯周病の治療について 】

 

血だらけになりながら“歯石とり”をして痛い思いをした。 ひたすら“歯ブラシ”をしなさいと言われ何度も練習させられた。 歯ぐきの中に残った歯石を取るために、メスで歯ぐきを切り“外科手術”をしてとても怖かった。 とにかく治療期間が長くて疲れた。

 

まだこのような従来の外科的な歯周病治療をお望みですか?

 

歯周病は、歯周病菌による感染症といわれています。 従来の治療を簡単に言えば、原因である歯周病菌を人間の手によって取り除くという治療でした。 「歯ブラシ」で細菌の数を減らし、「歯石とり」で細菌の住みかを破壊し、「手術」で歯ぐきの奥の奥まで追いつめるという外科的発想の治療方法でした。

確かに一時的には細菌の数を減らすことはできました。 しかし目に見えない細菌を人の手で取り除く治療法では限界があります。

皆さまが感染症といってまず 思い出すのは、風邪だと思います。風邪をひいたからといっていきなり手術はしませんよね。  普通は医師の指示に従いお薬を飲んで治しませんか? マウスピース、お茶、レーザーなどを使って歯周病菌を減らして行く治療です。

 

>> 国際歯周内科学研究会

 

[ 料金 ] むし歯&歯周病の除菌治療、マウスピース、お薬代込みで  50,000円