糖尿病の方へ

糖尿病と歯周病のかかわりについて

今は、内科の医師から歯科医院へ糖尿病を患っている患者様をご紹介いただく時代です。

患者様の歯周病のコントロールをしてくださいという依頼です。

糖尿病と歯周病はお互いに影響を及ぼしあっている病気であることがわかっております。

糖尿病をコントロールするには内科医と歯科医の協力が不可欠なのです。

歯周病が糖尿病をはじめ全身の病気に影響を及ぼすのは、歯周病菌とそれによっておこる歯ぐきの慢性的な炎症状態が原因とされております。

当院では、通常の歯周病治療に加え、歯周病菌を除菌する3DS(除菌治療)生活習慣病予防のためのメインテナンスプログラムなど様々な方法で、歯周病菌を減らし、いい状態を長期に守り育てる治療を行っております。

当医院には、日本糖尿病協会登録歯科医師がおります。

糖尿病をはじめさまざまな病気を コントロール予防したい方はぜひご相談ください。