健康で素敵な人生を・・・

HOME 診療の特徴 患者様の声 診療時間 アクセスお問い合わせ

     

無痛治療への取り組み

皆様が歯医者さんに行きたくないのは 「 歯の治療=痛い 」と思っていらっしゃるからではないですか?

痛いのって、本当に嫌ですよね…。

当院では、誰もが嫌な歯の治療に、最大限のおもてなしと気配りをしております。

ここでは、そのご紹介をさせていただきますね。

少しでも、歯医者さんへ足が遠のいてしまわないように、歯医者さんへ通うハードルが下がると嬉しいです。

無痛治療の基本 麻酔に対する工夫

①表面麻酔

麻酔の針を刺す前に、歯ぐきに塗る麻酔です。

表面麻酔を塗ることにより、歯ぐきに針を刺すときの「チクッ」という痛みをほとんど感じることなく、麻酔の注射を行うことができます。

②麻酔の針

当院では、もっとも細い、極細の33Gの注射針を使用しています。

33Gは0.26mmで、髪の毛と同じ程度の細さです。歯ぐきに刺したときの抵抗が、ほとんどありません。そのため、痛みを大きく抑えることができます。

③コンピューター制御の麻酔器

麻酔の液を、皆様の歯ぐきの状態によって変化させて注入する器材を使用しています。

これにより、限りなく無痛の状態で麻酔を終えることができます。

④体温と同じ温度の麻酔液

麻酔液を体温と同じくらいの温度にすることで 麻酔時の不快感が少なくなります。

体温の温度に暖めて保管する器材を使用しております。

麻酔液の図1 麻酔液の図2

治療に対する考え方

①最小限度の治療介入

「天然の歯に極力手をつけない」ことをモットーにしております。

手をつける場合は、最小限度の治療をお約束いたします。

体が本来もっている治癒能力を活用できるように、「早期発見」「長期観察」を心がけております。

②治療後の痛みの軽減まで考えた処置

削った後にしみたり、できる限り神経をとらないように、薬剤で神経を保護して治療を終えております。

③おもてなし・気配り

「やっぱり、痛いんじゃないかな…」と不安な患者様に対して、できるだけリラックスをしていただけるように、医師、スタッフともに、最大限の気配りをお約束いたします。

予防・メインテナンス治療中心の診療体制

「削る」「つめる」「抜く」など、従来の修繕的な歯科治療では、どうしても痛みを伴う治療が多くなります。

そのため、本町たなか歯科医院では「病気になってから治す医療」から「病気にならないように予防する医療」をめざし、実践しております。

予防が成功すると、歯を削ったり、抜いたりする機会が少なくなります。

本院では、3ヶ月に1回程度のペースで「メインテナンスクリーニング」を行っております。そこにいらっしゃる患者様は、皆さん笑顔です。

憂鬱な顔をしている患者様は、誰一人としておりません。

ぜひ、予防中心の健康型医療を実践してください。
この医療システムこそ、本当の意味での無痛治療と言えるのではないでしょうか。






Copyright(C)2004 .HONCHO-TANAKA Dental Office. All rights reserved.