健康で素敵な人生を・・・

HOME 診療の特徴 患者様の声 診療時間 アクセスお問い合わせ

     

予防する

予防プログラム

私たちは ただ痛いところを治すだけの修繕的な歯科治療ではなく 歯を治すことや予防することによって得られたものが あなたの”素敵な人生”に間接的にでも結びつき
お役に立てる そのような医療をめざしています。



痛みもなく何でもおいしく食事ができことで 趣味やレジャーをおもいきり楽しんでいる あなた

白い歯で素敵な笑顔を手にいれることで得られる自信により 仕事をバリバリしている あなた

人がうらやむような恋愛をしている あなた いくつになっても 若々しく少年、
少女のような好奇心を持ちチャレンジし続けている あなた

このような あなたの素敵な将来、人生を想像しながら診療いたしております。

私たちは歯科医療というアプローチによって微力でもあなたの素敵な人生の
お役に立ちたいのです。

それを実現させるためにできたものが 本町たなか歯科医院オリジナルの
”予防プログラム”です

              【予防プログラムの内容】

 お口の中、生活習慣、お体全体のリスクを調べ、そのリスクの大きさにより
 メリハリをつけた的確な治療や予防を行うプログラムです。  
“お口の健康が全身の健康につながり、全身の健康がお口の健康をもたらす”  “むし歯も歯周病も細菌による感染症であり 生活習慣病である”  
 この2つのことを十分に反映させたプログラムとなっております。

                   具体的には

 ■健康回復治療プログラム   
   お口の中の悪いところをリセットし、歯を失わないようにリスクを減らす
   ためのプログラム

 ■予防・メインテナンス治療プログラム   
  具体的な予防方法をリスク検査を通じてオーダーメードで立案しお口の健康  を将来にわたり守り育てるためのプログラム

 ■生活習慣病予防プログラム  
   あなたのセルフメディケーションを支え生活習慣病を中心に
   全身の健康もいっしょに守り育てるプログラム

  これら 3つのプログラムから構成されております。

リスクを知る

質問です 

1日1回しか歯をみがかないAさんとBさんがいました。
AさんもBさんもむし歯の数は同じでしょうか?  

むし歯や歯周病になりやすい人、なりにくい人がいるのご存知でしたか?

1日1回しか歯をみがかないのにむし歯がない人や 一生懸命に
歯ブラシしていてもなぜか  むし歯になってしまう人がいます。
それはなぜでしょう?  

あなたのお口の中にはむし歯菌や歯周病菌がいます。
むし歯菌や歯周病菌が少ない方は、むし歯や歯周病になりにくいと
言われてます。 唾液の力や量がむし歯や歯周病になりやすいかなりにくいか
に大きくかかわっているのです。

あなたは むし歯や歯周病になるリスクが高いのか低いのか、
知りたくないですか?




リスクの高い方が1日1回の歯ブラシで済ませていれば 当然 むし歯や歯周病になるリスクは高くなることでしょう。

予防をする上で大切なことは 病気になるリスクを知り、そのリスクに対して
的確に対策をとることです。

質問です

歯ブラシさえしていればむし歯も歯周病も予防できるでしょうか?  

お口の中を予防するためには ご自分の歯ブラシだけではできません。
 

それは むし歯や歯周病は歯ブラシ以外にも様々な要因が病気の発症に深くかかわっているからです。
 
もちろん一番のリスクは細菌ですがその他 歯や唾液の抵抗力 お口の中の
環境、体の免疫力、ライフスタイル、全身疾患などの要因が考えられます。
  
歯ブラシは たくさんあるリスク要因の中の1つのリスクである細菌の量を
減らしているにすぎないのです。  
歯ブラシを一生懸命がんばっていても、
お口の中に食べ物がはさまるところがあったり  (お口の中の環境)
病気で体調が悪かったり(体の免疫力、抵抗力 ) 
間食のまちがったとり方(ライフスタイル)
などで むし歯や歯周病になるリスクが高くなってしまいます

                ご安心ください!  

それぞれのリスクを減らすための方法、対策、グッズがございます。
日々の生活で何に気をつけ、どのようなグッズを使い これから生涯にわたり
むし歯や歯周病をコントロールしていくのか その答えが 一目でわかる 
あなただけの オリジナルプログラムをご用意しております。

予防したいと本気でお望みの方はぜひ リスクを知り、しっかりと計画的な
対策をとれるようなプログラム作成されることをお勧めいたします。

生活習慣病予防

歯医者さんでおこなう生活習慣病予防について お口の中の病気が全身の
病気と深く関わっていることはご存知のことかと思います。 糖尿病や心臓病、 早産、肺炎などのリスクを高めると言われております。

逆に糖尿病や動脈硬化や骨粗鬆症やストレスなどの全身の病気があると歯周病を悪化させるリスクが高まるとも言われております。
当院ではお口の中を悪化させる生活習慣病に
特化した生活習慣病予防のためのプログラムも
お口の予防とセットで行っております。
"お口の健康から全身の健康を、全身の健康からお口の健康へ"を実現する
プログラムです。

                 詳しくはこちらから

子どもの健康ノート

本町たなか歯科医院では おなかのなかにいる時からから大人へと自立するまで 一連のリスク検査 予防プログラム、健康ノートを使って 親から子へ予防の大切さ健康の大切さ、を伝え予防を実践させるようサポートしています。

その中心となって活用しているのが 
「こどもに伝える予防・健康ノート」です  

【こどもに伝える予防・健康ノートの内容】    
 4つのライフステージに分け 各ステージごとに      
・あなたに知ってもらいたいこと (知識)  
・あなたにやってほしいこと (行動)  
・食べてほしいもの、食べ方について(食育)
・セルフケアについて (自宅でのケア方法)
・お口の中の記録、予防プログラム
  などについて詳しく書いてあります。    

このノートを活用することにより 子供に何を伝え、 何を実践すべきかが
一目でわかるようになっております。
   
母子手帳の歯科版といったところでしょうか

第1章 プレママ、 マタニティ編      
 未来の赤ちゃんのためにお母さんの準備期間  
 お母さんのお口の中をリセット。マタニティケアをしっかりと行います   

第2章 出産後(授乳→離乳→幼児期)から6歳頃編      
 本町たなか歯科医院とお母さん、お父さんが協力して永久歯が
 生えそろう頃まで予防していきましょう 。     
 歯医者さんが痛くてこわいところじゃなく、楽しくて気持ちのいいところだと
 認識させることが、将来の歯医者さんとの関係に大きく影響する大切な
 時期です。 
 治療することは極力避けております。    

第3章 学童期 編      
 6歳ころ大人の歯が生えてきます。 予防本番です。
 大人の歯はもう2度とは生え換わりません。 しっかりとケアしていきましょう。
 12歳頃まで徐々に乳歯から永久歯へと生え換わります。
 歯並びなどが心配となる時期です。    

第4章 そして大人へと 編      
 歯医者さんは 気持ちよくお掃除をしに行くところで 歯を守ってくれるところ
 になっているはずです。これからもそのようなイメージで歯の予防をして
 行ってくれることでしょう。大人になっても生活習慣病が問題となってきます
 しかし歯の予防することを 実践してきたお子様は高い健康意識をもって
 それらをしっかりと予防していってくれることでしょう。

お子様が自立してからでも 本町たなか歯科医院では 
お口の健康と全身の健康を守る予防プログラムも
充実させております。
また どの土地に行かれても親から教えてもらった
予防、健康に関する意識と知識を持ち、生涯にわたり
健康で素敵な人生を歩んでいく、
そんな人になってくれれば私たちも幸いです。   

むし歯菌を減らす

むし歯の原因となる細菌はミュータンス菌です。
国立感染症研究所の研究によりこのミュータンス菌をお口の中から
除菌することができれば むし歯になる危険性を減少させることが可能である
ことがわかりました。

しかしこのミュータンス菌はバイオフイルムというネバネバとした膜を歯の
表面に作って、飲み薬や塗り薬が 直接効かないような環境を作っております。

そこでPMTCによりバイオフイルムを破壊してから 直接歯の表面に唾液などで希釈されないように マウスピースを用いてより効果的に除菌していく治療です

             【 こういう方にお勧めです 】

 ○ 唾液検査にてむし歯菌が多い方
 ○ 過去をふり返り むし歯になりやすい方
 ○ ツメモノ、かぶせ物をしているところが多い方
 ○ 口臭が気になる方
 ○ もうじき 歯がはえてくるお子様がいる方       
   (ミュータンス菌は生まれたばかりの赤ちゃんの口の中にはおりません。
    生後1歳半から2歳半の間に 。 お母さんの同じスプーンを使っての
    食事などで赤ちゃんのお口の中に感染してしまいます。この時期に
    感染さえしなければ以降ミュータンス菌がお口の中に入ってきても
    定着することはできないとされております。この赤ちゃんはその後 
    むし歯のできない人生を送ることが可能なのです。 ちょうどその頃 
    お母さんのお口の中に細菌が多いと子供にうつる可能性が高くなります)

                   【 方法 】

  Step1  唾液検査によりミュータンス菌の状態を調べます 。
  Step2  多いとわかったら マウスピースを作成いたします。
        (上下の歯型をとります。)
  Step3  行うタイミングはPMTCをおこないバイオフイルムを破壊して
        からが最適です。
  Step4  PMTC終了後 すぐに5分間マウスピースに抗菌剤をいれ除菌を
        開始いたします 。
  Step5  ご自宅にて1週間の間 朝と夜の2回歯磨き終了後 5分間除菌を
        してください。  



  


初期むし歯から歯を削らないよう守る

食事のたびに歯の表面では 脱灰 と 再石灰化 という現象がおこっています。

脱灰とは歯の表面から酸によって歯の成分である カルシウムやリン酸塩が
溶け出している状態をいいます。 初期むし歯といわれる状態です。  

これに対し再石灰化とは 唾液の働きにより脱灰した部分に唾液中の無機質やカルシウムやリン酸塩が 再び  再沈着する現象のことです。

この脱灰と再石灰化のバランスが保たれていれば、むし歯にはなりません。  

歯がむし歯になり、穴があくという現象は脱灰と再石灰化が競争をして脱灰が
優勢 であるということを意味します。

【再石灰化療法とは】   
  脱灰に傾いているお口の中の環境や歯の表面を再石灰化がおこりやすい
  状態にしむし歯にならないように積極的に予防していく治療です。    

 ■診療室にて   
   2週間に1回のペースで 歯の表面を3種類の薬剤を使い強固な状態に
   していきます。  
 ■自宅にて    
   フッ素などをつかい徹底したセルフケアをしていただきます。




お口の中のデトックス

【アンチエイジングとは】
 いつまでも元気で若々しくいたいと誰もが望んでいると思います。
 あなたの周りにも  “どうしてあの人は 同じ年なのにあんなに若く
 見えるのかしら”という方がいますよね。
 アンチエイジングとは老化防止のことで 現在細胞レベルの研究により老化
 (加齢)現象 そのものをストップさせることはまだ不可能ですが、進行を遅く
 することは可能という時代になってきたようです。

【活性酸素と抗酸化物質】
 老化とは私たちが呼吸でとりいれている酸素の一部が活性酸素と変化し
 これにより体の細胞がサビることでおこると言われております。
 サビることで 新陳代謝を低下させ細胞や血管を傷つけることが知られて
 おります。

老化の原因である活性酸素から細胞や血管を守るためには抗酸化物質が必要となります。
ビタミンC,Eやポリフェノール、また抗酸化酵素を産生する
セレ二ウム、亜鉛、銅などの必須ミネラルが抗酸化物質の代表といわれております。


                     【デトックス】  
 ■デトックス(解毒)とは  
  これまでの健康法は足りない栄養素を補うことが主流でしたが身体に
  蓄積されてしまった有害なものを排出することで体内の浄化リセットをして
  健康になるという発想なのです。

 ■有害金属(ミネラル)  
  必須ミネラルの働きを阻害し、老化を早めるのが有害金属(ミネラル)と
  いわれているものです。環境汚染が進む現代では水道水、排気ガス
  魚介類、農作物などの食品や歯科治療によってお口の中にはいっている
  金属などから有害金属が体内に蓄積されてしまいます。
  特に歯科で関係する有害金属の代表はアマルガムというツメモノの中に
  含まれる水銀や金属の入れ歯で使われているコバルトやクロムやニッケ
  また保険の金属の中に含まれている銀などです。(後述)

  本町たなか歯科医院では”毛髪ミネラル検査”(外部依頼)により
  蓄積された有害ミネラルや不足している必須ミネラルを調べています。

 ■デトックスする方法  
  (その1) 排出効果のある食材、ミネラルを摂取すること  
 
  ・体内の毒素を捕まえ封じ込める(キレーション ) 
  ・肝臓の解毒作用を高める・有害金属による活性酸素を抑える  
  ・腸内の有害金属をスムーズに排出させる  

  (その2) 歯科的アプローチお口の中に存在する有害金属を除去すること

   ネックレスや指輪とちがってお口の中にある有害な金属は自由に
   取り外すことができないばかりか常に体内に存在することとなり
   日常的に有害ミネラルが溶け出しております。
   特に近年 アマルガムという金属が注目されるようになりました。

【アマルガムについて】
  アマルガムとは歯に直接貼り付ける銀色のツメモノのことです。
  現在はほとんど使用されておりませんが、以前に治療された方の
  お口の中にはけっこう存在しています。アマルガムの組成ですが
  その約50%は水銀でできております。
  アマルガムは3年以内に劣化の兆候を示し、10年後には平均で
  総重量の約70%が減少すると報告されています。
  その結果として水銀が体内に流出し、腎臓や肝臓、脳などに蓄積されて
  いくのです。  

 ■水銀の全身への影響  
  水銀は神経毒の強い物質ですから、感覚異常、イライラ、不眠、頭痛
  めまいなどの不快症状発現の可能性を秘めています。また不妊の影響
  胎児や母乳にまで水銀が行き届く可能性も指摘されております。
  事実1987年にはスウェーデン、1998年にはイギリスで妊婦に対し
  アマルガムを使用しないようにとの通達がされております。

  ■むし歯再発の可能性  
  アマルガムは固まりやすく、溶けやすい材料です。
  歯にツメモノをするには簡単で使いやすいという利点はありますが
  それは逆に言うとお口の中では溶け出して壊れやすいという欠点でも
  あります。 そのためアマルガムと歯の間に隙間ができやすくむし歯の
  再発となりやすい状態を作ってしまいます。。  
  また アマルガムの 成分が溶け出し、歯や歯ぐきに沈着して黒く変色
  させることがあります。  
 
  このような理由から本町たなか歯科医院ではアマルガムをより安全な
  材料に変えることを お勧めいたしております。


 

  健康になるためには毎日のわずかな自己管理の蓄積が必要です。
  同様に、健康を害することもたとえわずかであってもお口に溶け出している
  有害ミネラルの長年にわたる蓄積が原因となることは十分に考えられる
  ことと思います。
  

毛髪ミネラル検査

 デトックスを行ううえで必須ミネラルのうち何が不足しており 
 有害なミネラルがどのくらい体に蓄積されているかを調べる必要があります
 本町たなか歯科医院では らべるびい予防医科学研究所 が提供する
 わずかな毛髪を採取し、郵送してできる検査 毛髪検査を取り入れて
 おります。       

                詳しくはこちらから






Copyright(C)2004 .HONCHO-TANAKA Dental Office. All rights reserved.