健康で素敵な人生を・・・

HOME 診療の特徴 患者様の声 診療時間 アクセスお問い合わせ

     

歯茎が痛いときの原因と対処方法

皆さんは、突然歯茎に痛みが生じてしまうことはありませんか?

虫歯ができたことがなかったり、歯科医院にあまり行ったことのがない場合に、突然歯茎に痛みが出ると、驚きますよね。

しばらくすると、痛みが消えることはあります。でも、仕事中や食事中、また寝ているときに痛みが出てくると、生活をしていく上で困ってしまいます。

そこで今回は、歯茎の痛みの原因とその対処法について、お伝えしたいと思います。

歯茎の痛みの原因

歯周病

歯茎が痛くなる原因としては、まず、歯周病が考えられます。

汚れが取りにくい「歯と歯茎の隙間」の部分に食べ残しが詰まると、細菌の塊ができます。さらに、歯石ができます。

歯石は、自分で取り除くことはできません。そのままにしていると、歯茎に細菌感染が起こってしまい、炎症が生じます。

炎症が生じると、その部分の血流が増えるので、歯茎が腫れ、出血しやすくなり、痛みも生じます。

また、放っておくと、歯を支えている周りの骨にも炎症が生じてしまい、だんだん骨が溶けていきます。歯を支えてくれていた骨を失うことで、歯がグラグラになり、歯を抜かなくてはならないことも多々あります。

親知らず

また、歯茎が痛い原因としては、親知らずも考えられます。

親知らずは斜めに生えてくる方が多く、手前の歯との間に大きな隙間があります。

また、奥歯なので歯ブラシが届きにくく、自分で完全に磨くことはとても難しいのです。そのため、歯茎に炎症が生じやすく、痛みも強くなることが多いです。

歯茎が痛い時の、歯ブラシの使い方

歯ブラシの毛先が硬いと、歯茎を傷つけてしまい、痛みが増大してしまいます。そのため、柔らかい歯ブラシを使うことをお勧めします。

歯ブラシだけでは届かない部分の汚れは、歯間ブラシやフロスをうまく使いましょう。使い方がわからない方は、歯科医院に相談してみることをおすすめいたします。

歯の根の細菌感染

虫歯が進むと、歯の根っこが細菌に感染し、根っこの先に膿ができてしまうことがあります。これも歯茎の痛みにつながります。

この病気を「歯根嚢胞」と言います。症状がないので、気付かない間に大きくなっていることがあります。

痛みは根っこの先だけでなく、顎全体にまで広がってしまいます。

この場合は、膿を取り除く必要があるので、口腔外科を受診し、画像検査をして範囲を確認しなくてはいけません。

また、歯茎に血流が増え、神経が圧迫されることで痛みが生じるので、血流を減らすために、患部を冷やすこともお勧めします。

もちろん、歯茎に炎症が起きないよう、歯磨きを念入りにしたり、イソジンなどの消毒薬で綺麗にすることも有効です。

自分では磨けない部分や、気付かない部分を指導してもらえるという意味では、歯科医院を受診することも大事です。

口内炎

その他に歯茎が痛くなる原因として、口内炎があります。

間違って噛んでしまった時、その部分が傷口のようになり、歯茎に痛みが出てきてしまうことがあります。

口内炎の原因ははっきりと解明されていませんが、体が疲れていたり睡眠不足で免疫力が落ちているときにできると言われています。歯周病や親知らずによって歯茎が痛くなる時も、免疫力が落ちていることが多いです。

予防や治療のためには、食事をしっかりとり、よく寝て体力を回復することが大事です。

肩こり

歯茎の痛みは、肩こりなどにも影響すると言われております。

歯茎が痛むと、痛みを意識してしまい、噛み合わせや噛み方が変わってしまいます。顎や首、そして肩は筋肉で繋がっているため、噛み合わせのバランスが崩れると、筋肉が緊張して、肩こりが生じるとも言われております。

他にも、原因がわからないような歯茎の痛みは、多くあります。歯茎の痛みをなくすだけでなく、これから先も痛みが出ないような口の中にしていくために、歯科医院を受診することをお勧めいたします。






Copyright(C)2004 .HONCHO-TANAKA Dental Office. All rights reserved.